歯科用3D-CT導入
インプラントや口腔外科的な疾患に利用します。
朝日レントゲンのアルファード 実際の当院設置写真
従来の医科用CTに比べ、低被爆線量で、一度に3方向の断層撮影が行える。
そして、コンピュータで合成して、3次元的な画像により、詳細な診断が行える。
閉じる